きれいになるための3STEP

あなたを口元から美しくする審美歯科の第一歩は、歯科医院への相談。現在の歯のお悩みや理想とする口元など、どんなことでもお話しください。

審美歯科の流れ

きれいになれる「審美」治療の種類

審美治療の種類はさまざま。治療する部位や使用する素材などで最適な治療は異なります。きれいになるためには、あなたにぴったりな治療を見つけることが大事です。

ホワイトニング

ホワイトニングには、3つのスタイルがあります。患者様の希望や目的、生活スタイルに合った施術をご案内します。
>>ホワイトニングの詳細はこちら

ジルコニアオールセラミッククラウン

ご自身の歯に面する内側がジルコニアでできており、その上からセラミックでコーティングしてあるクラウンタイプの被せ物です。審美性と実用性の2つを兼ね備えています。全く金属を使用していないので、金属アレルギーが心配な方でもご安心いただけます。 

<メリットと特徴>

  • 金属アレルギーが起こりにくい
  • 光が透過するため白さがより際立つ
  • 強度のあるジルコニアを使用
  • 変色のない素材

セレッククラウン

金属を全く使用しない耐久性のあるオールセラミッククラウンです。※最新口腔内カメラでお口の歯をスキャンし、ミリングユニットと言う機器を使い詰めの(歯)を作りだします。時間の短縮・3次元スキャンによる正確な咬み合わせを可能にしました。

グラディアダイレクト

前歯や奥歯の小さな虫歯に流し込んで光で固めることができ、耐摩耗性に優れ、変色しにくいハイブリッドセラミック樹脂を使います。1回の治療で終わるので、忙しい方にもおすすめです。

ラミネートベニア

歯のダメージの少ない、前歯の表面の変色や欠けを改善する治療です。歯の表面を0.5mmほど削り、薄いセラミックの板を貼り付けます。また、歯の大きさや向きを大幅に変えることはできません。

虫歯治療と金属アレルギー

Q.虫歯治療の詰め物からも金属アレルギーが起こるの?

A.最近メディアなどでもよく取り上げられている、「金属アレルギー」ですが、アクセサリーのかぶれなどから深刻化したり、また食べ物に含まれる金属や、よく見る詰め物虫歯治療の金属なども全身のあちこちで金属アレルギーを起こし皮膚のトラブルを招くことがあります。

【よく見る詰め物の例】

パラジウム合金

アマルガム

これらの金属は、イオン化・腐食がしやすく金属アレルギーのリスクがとても高いのですが、日本では長年歯科医療の現場で使われてきています。欧米や先進国では金属アレルギーのリスクの高さから、早くからほとんど使われなくなっています。

Q.主な金属アレルギーの症状って?

A.おもにこれらの症状がございます。

アレルギー症状

アレルギーによる手荒れ

歯科用金属による症状(遅延型アレルギー反応)は、この他にも、老化・痛み(ガルバニ電流)・ひざの痛み・神経症状(水銀毒、重金属毒)・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調・物忘れ・アトピー様症状・アトピー症状などが上げられます。

Q.金属別アレルギーの起こりやすさって?

A.歯科で使用する金属はインプラントではチタン、被せ物では金、白金、銀、パラジウムアマルガム、コバルト、ニッケルなどがあります。これらがお口の中で溶けだしやすい物ほど、金属アレルギーを引き起こしやすいのです。下の詰め物は保険治療の銀色の詰め物(保険治療で多く用いられる)の主な成分です。

よくつかわれる金属の内容物

アレルギーのでやすさ

メタルフリー治療で金属アレルギーの予防を

当クリニックではメタルフリー治療として歯の冠や詰め物を安全性の高いものへのやりかえをご提案しております。

かぶせ物はセラミック、ジルコニア、レジン樹脂を中心に使用しています。またインプラント治療では主に純チタンを用います。純チタンのアレルギーの疑いのある方はには、ジルコニアインプラントのご用意もあります。ジルコニアインプラントは部位によって適さない場合があるのでご相談させていただきます。

詰め物のやり替え

チタンインプラント

ジルコニアインプラント

歯の詰め物や冠によるアレルギーは気が付きにくいのですが、健康障害を起こす危険性は高いと考えられています。口腔内に多数の冠や詰め物が入っている場合には、検査を行っても原因(アレルゲン)の特定が困難な場合が多いのですが、基本的に溶出度(イオン化傾向)の高い順に取り除きながら様子を見ていきます。

     

お問い合わせはこちら!オンラインより可能です

Copyright © 星野歯科駒沢クリニック All Rights Reserved.